マンション査定と書類

マンション査定に必要な書類はいくつかあります。事前に調べておくと戸惑いなくすすめることができるでしょう。また、評価報告書が渡されないような業者であれば、その後の売却に関する依頼はやめるべきです

マンション査定の手順

マンション査定と書類

マンション査定に必要な書類はいくつかあります。
簡単にマンション査定をしたいならコチラ→ オススメの株式会社Q

普段はあまりお目にかかることのない書類が多いので、事前に調べておくと戸惑いなくすすめることができるでしょう。

マンション査定に必要な書類には次のようなものがあります。

@権利証、A固定資産税の納税通知書、B管理規約・使用細則等の書類、Cローン返済が残ってくれば、その予定表、D住民票、E実印、F印鑑証明書が必要となります。

@〜Cまでは購入時に渡される書類か、定期的に郵送されてくる書類です。

購入時に大切に保管しておかないと、かなり面倒なことになるので、厳重に保管しておきましょう。

残りは役所に行って作成してもらう書類などです。

今は住所地の役所でなくても作成できるようになり、休日も開所している窓口もでてきています。

該当する役所でこのようなサービスが受けられるか確認し、もしダメな場合は休みを取って書類を取得しておきましょう。

マンション査定には必ず評価報告書が渡されます。

もしこのような資料が渡されないような業者であれば、その後の売却に関する依頼はやめるべきです。

評価報告書については、様々な項目があり、詳しいものは何十ページにも及びます。

マンション査定には専門用語もたくさんあるかもしれませんが、よく読んで、納得のいくものを提出される業者を選びましょう。


Copyright (C) www.home-system.net. All Rights Reserved.

マンション査定の手順